農場概要

楠本農場

屋号  楠本農場
代表者 楠本政之
住所  和歌山県西牟婁郡すさみ町小河内835-1
電話  0739-56-0484
業種  「小河内のしし豚」の生産および肉の販売

元調理士でもあり猟師でもある代表の楠本政之が、美味しい肉を食べたいがために自らイノブタの生産に乗り出す。当初は試行錯誤だったが、2014年に初めて和歌山県下では2件しか成功していない自然交配による繁殖に成功した。それにより、母豚の乳を30日以上飲ませて免疫力の高い子豚を育て、自家生産飼料米を含めた穀物中心の飼料を使っての飼育まで、2018年5月から本格的に無理のない年間数十頭規模の範囲で一貫生産を開始します。その為、一般に流通する事はほとんどない幻の肉です。

当農場がある小河内地区はすさみ町の山間部側にある集落で、周参見川の源流に位置し、一山越えると日置川と古座川の上流域がある地域です。水の綺麗さは言うまでもなく、山林に囲まれた環境は空気も澄んでおり、本当に美味しい豚を育てるにはうってつけの環境です。